展開

日本国内の100箇所以上で8年間以上も検証されて来た技術

PicoCELAテクノロジーが搭載された3,000以上のアクセスポイントが活躍してきました
各導入サイトでは、50-90%のLANケーブルの削減を行っています


 
  • 11件中 [ 1件~11件 ]を表示

キャナルシティ博多

世界最大の多段無線中継バックホール。LAN配線を88%削減しながら、234,000平方メートルをカバーする無線ブロードバンド空間を構築。先進的IoTプラットフォームとしても活用

詳細を見る>>

天神地下街

日本最大級の総延長1.2kmの地下商店街全域をWi-Fi空間化。LAN配線を85%削減

詳細を見る>>

ベイサイドプレイス博多

 福岡国際フェリー港傍の複合コンプレックス。ここもPicoCELAの技術により全域Wi-Fi空間化されています。 30個のAPを配置、LAN配線を88%削減しました。 

詳細を見る>>

KISHU MINABE ROYAL HOTEL

 340室の大型リゾートホテル全館で連続Wi-Fi空間を実現しました。 90個のPicoCELAデバイスが、客室のみならずイベントスペースやロビーを含めホテル内全域をWi-Fi空間化しました。 LAN配線を74%削減。 同ホテルは国際会議の開催でも知られており、高信頼Wi-Fiが認知されリピート率が20%増加しました。 

詳細を見る>>

福岡医師会成人病センター

 PicoCELAテクノロジーは病院でも活用されています。 LAN配線を63%削減しつつ、同病院での連続Wi-Fiゾーンを形成しました。 

詳細を見る>>

発電所

 PicoCELAテクノロジーは、高い信頼性が要求される発電所でも活用されています。 無線セキュリティカメラシステムとM2Mモニタの基幹回線として利用されています。 

詳細を見る>>

原子炉

 PicoCELAテクノロジーは、ロボット同士のネットワークにも応用されています。 原子力発電所で発生した災害現場では作業者が立ち入ることが困難です。 そこで、複数台のロボットにPicoCELAの無線バックホールテクノロジーを搭載することで、ロボット同士が互いにデータをリレーしながら、リモートコントロール可能なロボット可動範囲の拡大を行います。 

詳細を見る>>

大学キャンパス

 大学キャンパス内でのIoTシステム実験のために、屋内外での広域無線ブロードバンド空間を構築しました。 屋外に設置したPicoCELAデバイスはバッテリとソーラーパネルで駆動。 LANケーブル配線のみならず電源ケーブルも排除しました。 

詳細を見る>>

災害救援

 日本の東北地方で起こった2011年3月11日の地震と津波の後、 甚大な被害を受けた空港エリアにおいて、 PicoCELAデバイスが活用されました。 PicoCELA技術の有用性は災害現場でも実証されています。 

詳細を見る>>

建設現場

 建設現場や工事現場でも、いまやIoT機器の活用は必須となってきています。 PicoCELAデバイスは、建設現場での一時的な無線ブロードバンド環境構築にも活用できます。 

詳細を見る>>

展示会

イベント会場での一時的なWi-Fiネットワークの構築

詳細を見る>>

  • 11件中 [ 1件~11件 ]を表示