ピコセラについて

スモールセルスペシャリストとして
PicoCELAの使命

増大するモバイルデータ通信の需要に応えるためには、限りある周波数を有効に活用しなければなりません。スモールセル化は、同一周波数を空間的に密に繰り返し再利用することで、限りある周波数資源の有効活用を促進させます。PicoCELAは独自の無線バックホール技術により、スモールセルの導入を困難にさせていたLANケーブル配線量を劇的に削減します。さらにスモールセル基地局はエッジコンピュータやIoTゲートウェイとしての機能を今後は担うようになります。スモールセルすなわち小さな基地局が集合して次代の大きなモバイル通信システムの根幹をなす・・・PicoCELAの使命は、スモールセルの普及を促進させ、人々により快適なモバイル通信の環境を提供することにあります。




 
経営チーム
 
古川浩
代表取締役社長、工学博士
古川 浩
Linkedin
九州大学大学院システム情報科学研究院情報知能工学部門の准教授を勤めていた2008年、PicoCELA社を創業。2010年同大教授を経て2018年3月に同大退職。

九州大学に所属する以前はNEC株式会社ネットワーク研究所に所属、第3世代移動通信の研究開発および標準化活動に携わる。同氏が考案した基地局選択型送信ダイバーシチ方式(Site Selection Diversity Transmit方式、通称SSDT)は3GPPならびに3GPP2において世界標準化された。SSDTの拡張方式は第5世代移動通信においても適用されている。

全世界で70件以上の登録特許を保有、100編以上のジャーナル・国際学会論文等を出版。
 
 

取締役CFO、工学博士
中井 純
Linkedin
中井純、工学博士は2017年11月にPicoCELA株式会社の取締役、管理本部長に就任。中井氏はまた、日本のハイテク投資VCの草分けであるイノベーションエンジン社のベンチャーパートナーを務めている。

PicoCELA株式会社入社前は、3社のスタートアップベンチャーのCEO、CFOとして、総額50億円の資金調達を成功させた。

東京大学物理工学科を卒業後、ソニーでコンパクトディスクの開発に携わった後、MITにて光通信の分野で電子工学の博士号を取得、その後ソニーで人工知能、カーナビ、スペクトル拡散を使った無線通信の開発に従事した。

ソニーの後は、シリコンバレーベースの外資系社長を歴任後、ベンチャー育成に取り組み、一貫して経営者の立場からベンチャーの育成を手掛けて来た。

著書:1988年「光通信とその応用」 (共著)森北出版
    2001年「危うし!日本の次世代ケータイ」日本経済新聞社出版
 
 
川村敏郎
社外取締役
川村 敏郎
2009年株式会社コラボ・ビジネス・コンサルティングを創立し、代表取締役として、日本、台湾、中国の中小企業の経営コンサルティングを行う傍ら、岐阜経済大学客員教授、信州大学経営大学院非常勤講師として講座を担当し、また、一般社団法人CRM 協議会顧問、一般財団法人最先端表現技術利用推進協会理事に就任している。

これに先立ち、1965年慶応大学工学部を卒業し,株式会社NECに入社し、2009年までの約45年間、メインフレームシステムの基本ソフトウエアの開発の責任者、大規模ユーザーシステム開発の責任者をへて、代表取締役副社長に就任し、ITソリューション事業、ソフトウエア事業、BIGLOBE事業、企画戦略部門、営業部門、システム部門、サービス部門の最高責任者を務め、技術提携責任者として米国企業(HP、オラクル、SUN、シスコ、EMC、BEAなど)との戦略提携を統括、またNECのユーザー会(C&Cシステムユーザー会)の運営の統括を行った。


 
PicoCELAの歴史

当社代表取締役・古川が研究代表となり、2007年~2017にかけて、文部科学省と福岡県をスポンサーとするMIMO-MESHプロジェクトならびに高性能無線バックホールプロジェクトを九州大学を中心に推進。両研究成果を基に九州大学発ベンチャーとして2008年に創業。

 



 
受賞・選定関連
 
2016年 アントレプレナーオブザイヤー2016、九州地区代表に選出
2015年 インディペンデンツクラブ大賞2015、西日本地域対象に選出
2011年1月 優秀賞, 福岡ベンチャーマーケット大賞 2011
2010年10月 財団法人九州先端科学技術(ISIT)の創立15周年を記念して行われたISIT九州先端科学技術研究開発表彰において、IT企業大賞を受賞
2009年9月 福岡市ステップアップ助成事業において、福岡市ステップアップ最優秀賞を受賞
2009年9月 三菱UFJ技術育成財団による平成21年度 第1回 研究開発助成金交付企業に採択
2008年11月 日刊工業新聞主催の「モノづくり連携大賞」を受賞
 

 



 
会社概要
 
会社名 PicoCELA株式会社
PicoCELA Inc.
本社所在地 〒103-0013
東京都中央区日本橋人形町2-34-5 SANOS日本橋4階
TEL 03-6661-2780/FAX 092-303-8144
福岡技術センター 〒810-0041 福岡市中央区大名2-8-17 伊藤久ビル7階7-A
代表取締役 古川浩
事業概要 ・ ケーブルレス&無線多段ホップ技術応用製品・ソリューションの販売
・PCWL-0400:高性能エッジコンピュータに企業向け無線LANと多段ホップ機能を搭載
・既存メッシュに比べ圧倒的に減衰率を低減したケーブルレスの無線多段中継を実現
・自動経路制御、経路の自動修復機能、安定通信、高セキュリティの暗号化通信
・PicoManagerによるクラウド管理サービス
・遠隔監視、管理、制御、アップデート
・人流解析、人数カウントなどのビッグデータの収集・解析
・ソリューション:屋外無線LAN展開、測位、インカム、AI画像解析、回遊データ解析、携帯事業者向けフェムトセル 
設立 2008年8月8日
資本金 1億6659万9900円
従業員数 18名(2018年7月1日時点)